words アーカイブ

2011年03月31日

環境共育事務所カラーズからのごくあたりまえな主張

私たちは先祖伝来の土地で、その水系の水を飲み、土地を耕して米や野菜をつくり、家族とともに健康で心豊かな暮らしをしていくというのが、当然で基本的な権利です。

私は、「公害地域の今を伝えるスタディツアー」を2年間やってきました。そこではいまも健康被害や社会的差別に苦しむ地域住民の方々の話を伺ってきました。富山・神通川流域、そして新潟・阿賀野川流域です。
福島県でまたその苦しみが繰り返されようとしているのです。

富山では、カドミウム汚染土壌の復元に莫大な税金と原因企業からの補償金を投入し、30年の歳月がかかりました。新潟でも、その苦しみの解決や流域の自然界値への復元に、莫大な労力と資金を投入しました。

いま、某発電所は、イタイイタイ病原因企業、水俣病(熊本・新潟)原因企業よりももっと広範囲に、もっと深刻な健康被害(人類のみならず、地球上のいきものすべて)をもたらしています。
それは一私企業ではなく、大きな公共的使命をもった企業であり、かつまた国のエネルギー政策の推進のカタチだったのです。

「想定外の天災によるものだから」が言い訳になるはずがありません。これは安全が保障される前提だからこそ成り立つ言い訳で、いまやその理由・言い訳は通用しないでしょう。

こんな過ちを繰り返さないために、政治的、経済的、社会的、技術的、科学的、法的、教育的…、あらゆる手段を講じて、社会の大きな舵取りを行っていかねばなりません。

なんども繰り返し書いておきます。

「私たちは先祖伝来の土地で、その水系の水を飲み、土地を耕して米や野菜をつくり、家族とともに健康で心豊かな暮らしをしていくというのが、当然で基本的な権利です。」

これは太平洋の片隅の、そして大陸のそばに寄りそう列島弧に生きる私たち、そしてこれから生まれ来る子孫たち、そして人類社会、市民社会の根底からの願いであると信じています。

2010年04月08日

朝日新聞「天声人語」宇宙飛行士の夫婦

この文章を宇宙飛行士の山崎直子さんを野口聡一さんに置き換え、
パートナーの山崎大地さんを野口聡一さんのパートナー美和さんに置き換えて、読んでみましょう。
いかがでしょうか。「単なる美談を超えた」美談なんでしょうか。妻がやっていることは当たり前なのでしょうか。
これを書いている朝日新聞論説委員のあなたこそが「男女同量ではない」のです。
そこに気づいてください。

2010年4月7日(水)付 朝日新聞「天声人語」
 女優の故沢村貞子さんに「男女同量」という随筆がある。ある日、新しい夫婦茶碗(めおとぢゃわん)を買いに行った。気に入ったのを眺めていてふと気づくと、紺と赤の色は違うが、二つは同じ大きさである▼男物の傍らに小ぶりな女物がそっと寄り添う。そうした夫婦茶碗を見慣れた目には新鮮だった。買って帰り、食卓に並べてみた。同じ大きさが「嬉(うれ)しかった」と沢村さんはつづっている。その一文を、宇宙飛行士の山崎直子さんが夫に支えられて飛び立ったニュースに思い出した▼頭では分かっていても、「男女同量」的な夫婦の実践は難しい。山崎大地さんの場合も単なる美談ではなかったようだ。仕事をやめて家事や育児、介護もこなしてきた。小紙の別刷りに連載した「新宇宙家族」には複雑な胸の内がにじんでいた▼葛藤(かっとう)の中、夫は心身の調子を崩す。妻も追い込まれた。すべて崩壊しかねない危機を、米国の神学者ニーバーの一節に支えられたと、直子さんは自著に書く▼〈神よ、変えることのできるものについて、それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。変えることのできないものについては、それを受けいれるだけの冷静さを与えたまえ〉(大木英夫訳)。宇宙飛行も生身の人間の営みなのだと、改めて思う▼沢村さんに話を戻せば、男女同量の茶碗でつい食べ過ぎたそうだ。使うに難しいと悟るが「何とか上手に使いこなしたい」と結んでいる。同量の茶碗に、妻の幸と夫の幸を上手に盛り合う時代と心得たい。夫婦でいっぱいの地球を眺めて、宇宙船は回っている。

2010年01月17日

私にとって、生物多様性はなぜ大切なのか?(同志社女子大学「環境教育論」から)

同志社女子大学「環境教育論」で、生物多様性と環境教育というテーマを取り上げました。学生にとって「生物多様性」やその保全というのは、まだピンとくる概念ではないので、まず岡山平野と京都府亀岡市にのみ生息する稀少淡水魚で天然記念物にも指定されている「アユモドキ」の生態、それから滋賀県の米原市に棲むこれも稀少淡水魚の「ハリヨ」の生態、そして同じく滋賀県高島市の新旭町針江地区の地域住民による川の清掃活動と子どもたちの魚とりの様子をビデオで観てもらいました。こうした「小さないのち」がわれわれの生活圏のすぐ近くに棲んでいること。また人間の暮らしや生業の営みと、こうした「小さないのち」の生態がつながっていることを解説したうえで、学生たちに「私にとって、生物多様性はなぜ大切なのか?」というテーマで短い文章をまとめてもらったものです。19〜22歳くらいの女子学生が10分足らずの時間で書いたという前提で読んでくださると幸いです。



 私は静岡県の田舎出身です。小さな頃から自然の中で遊んできました。はだしで川に入りタモをもって魚やザリガニをとってあそんだ記憶があります。父も子どもの頃もっときれいだった同じ川であそび、川で魚をとって、とった魚を夕食で食べていたと言っていました。また、今では川の保全のために川の草刈りやごみ拾いなど地域全体で取り組んでいるそうです。昔、遊んでいた川を大人になって守ること。地域の皆で守ることは代々受けつがれることで、地域の人々とも協働でき、そして自然とも共生できつつあるのではないかと思います。なので私は生物多様性は大切だと思います。(Y)


 私の家の周りも田んぼや畑でいっぱいです。田んぼで苗を植えた後、タガメやアメンボ、虫を食べたりする鳥たちがいてこそ、おいしい米が育ち、畑もミミズや虫がいて土が良くなります。生物がいないと食物連鎖も起こらず、私たちはいままでのような豊かな生活が崩れてしまうと思います。生物と私たち人間の関係ってうまくできているのだなと改めて感じました。森の木を伐採するのも私たち、水を汚すのも私たちですが、新しい木の芽を植えたり、水質汚染を減らし水を大切に思うのも私たち人間です。自分たちの手で何ができるか、過去には戻れないけれども未来を変えることは出来るのでできるだけのことはしたいです。(T)


 種の名も知らない、今まで気にもとめていなかったような生物が絶滅しても、生活には変化がないかもしれない。けれどその種を大切に見守ってきている人や、共存してきている人がいることを忘れてはいけないなと思いました。「その生物を守りたい」という気持ちだけで、同志が集まり、人間関係の輪がひろがることは素晴らしいです。私はそこに生物多様性の大切さを感じました。(M)


 自分が子どものころに見られた様々な生物が大人になってあらためてみるといなくなっていたというのはとても悲しいことです。小さな生き物でいなくなっても何の害もないように思われるかもしれないけれど、そこに存在していること自体に意味があるのだから、どんな小さな生き物であったとしても昔からそこにいる生物を守り、ともに生活していくことは私たち地域住民の義務だと私は思います。そういった環境を守ることで今まで見られなかった種類の生物がすみついてくれるかもしれないので、人と生物の共存は大切だと思います。(K)


 この講義を通して、まず私が思うようになったことは、人は自然と一緒に暮らしている、また人は自然に生かされているんだということです。水や木や森などなど、自然がなければ地球には住めない。自然があるからこそ、私たちはこうやって毎日を過ごすことができている。私も小さい頃から、魚釣り、川遊び、森遊びをしてきたほうだと思うのですが、子どものようにドロんこになって自然を体感するということはとても大切だと思いました。(H)


 私は「生物多様性」とはいのちの大切さや感謝の気持ち、様々な絆を実感するうえで大切だと思う。というのも私は今回の「アユモドキ」のビデオをみて、自分自身も自然のなかで幼い頃、たくさん遊び、地域ぐるみで草刈りをした経験を思い出したからだ。今、考えてみると自然とのふれあいは自然と共生しているという実感を持てたし、草刈りによってコミュニティの輪が広がっていったと思う。現代は自然と私生活が分離されている面が多いと思うが、このような授業やテレビ、環境活動を拡げることによって、本当に生物多様性の大切さを実感できるのだと思う。(A)


今の時代、人間は自然や生物に助けられて生きているということを忘れがちだと思います。エコなども「…してあげている」という視点からしか見ていなくて、それが自分の生活や社会に返ってくるという事を考えていない気がします。自分たち人間が一番強くて、頭が良くて、中心的存在だと思いこみ、自然があるから生きていられるというのを忘れていると思います。人間と人間が助け合うように、人間と自然も助けあって、良い関係になっていけたら、人と人の関係も、もっと豊かになっていくのではないかなと思います。(追)今日のビデオで、子供の時、クワガタを取りに行ったことを思い出しました!!(M)

さらにまた、書き足していきます。(つづく)

2008年06月16日

西村より「くりこま高原自然学校」について

▼カラーズにしむらです。

▼中国四川に引き続いて、こんどは宮城・岩手での地震が起こりました。震源近くの栗駒

山耕英地区には、私の長年の「自然学校」の仲間、佐々木豊志さんが経営する「くりこま

高原自然学校」があり、大きな被害をうけました。各地での仕事やプロジェクトをご一緒

したり、また私の研究論文にも自然学校の実践が「持続可能な地域づくり」と「青少年の

自立支援」につながる事例として紹介させていただいています。(「同志社政策科学研

究」9巻2号)

「くりこま高原自然学校」

http://kurikomans.com/

「NPO法人くりこま高原・地球の暮らしと自然教育研究所」

http://kurikoma.org/

▼佐々木さんが昨年4月に京都に来られたときには大学院生と一緒に懇談の機会をもち、

また美山で藤原誉さんが経営する自然学校「田歌舎」へのエクスカーションを行って、西

村研究室にも来ていただきました。実は来月7月に、西村M1ゼミのゲストスピーカーに

来ていただくことも決めていたのでした。

▼今回死傷者が出て大きな被害のあった「駒の湯温泉」は自然学校からほど近く、クルマ

で5分ほどのところで、以前にくりこまにお邪魔したときには佐々木さんのご案内で一緒

に入湯しに行きました。木の香りのあふれる、こじんまりとした静かで美しい温泉宿でし

た。くりこま高原自然学校とは地域の「結い」の精神で助け合う関係でした。(そのこと

も論文に書いています。)亡くなられた方々のご冥福をお祈りしております。(亡くなら

れた駒の湯温泉経営者家族の菅原さん、観光コンサルタントの麦屋さんや、鉄道博物館の

岸さんは直接は存じ上げませんが、それぞれ「知人の知人」の関係になり、他人事とは思

えません。)

▼さて「くりこま高原自然学校」では、滞在型の自然学校事業「耕英寮」を行っていて、

地元の学校への山村留学、不登校の子どもの受け入れ、ひきこもりの青年達の受け入れ事

業「若者自立塾」、などスタッフとあわせ16名が共同生活をしていました。幸い人的被

害はなかったのですが、建物や浄化槽など施設に被害が出ていて、また電気も止まり、道

路も寸断していることから、佐々木さんはじめスタッフ4名を残してヘリコプターで麓の

街まで下山した様子です。

▼なにせ自然学校ですから百戦錬磨のアウトドアズマン達で、湧き水と大量の薪があり、

当面の生活は大丈夫と思いますし、佐々木さんは阪神大震災の折には神戸にも真っ先に駆

けつけられましたので、「くりこま高原自然学校」は耕英地区の他の住民の方々への支援

や地域全体の復興の中核を担っていくことになると思います。

▼余震も続く中、子ども達の夏休みシーズンに向けて、多数の事業が予定されていますの

で、一刻もはやい復旧を祈るばかりです。日本の自然学校関係者からは見舞金支援の動き

を始めようとしていますが、口座開設に時間がかかっています。

以下、見舞金のお願いです。

読者の皆様にはとりいそぎ、私のところで預からせていただき、責任をもってくりこまの

ほうに届けたいと思います。


郵便振替番号01030-8-58530「環境共育事務所カラーズ」

通信欄に「くりこま高原自然学校支援」と明記してください。


今後、皆様には何かと協力をお願いすることになるかもしれませんが、ご理解の程、どう

ぞよろしくお願いいたします。


"Colors of Nature"メールマガジン発行人 西村仁志


2008年02月11日

またも環境偽装が発覚:再生プラスチック偽装についての環境市民からの主張

にしむらです。私が理事をつとめるNPO環境市民からの主張です。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  再生プラスチック偽装について   今こそ 3R 優先順位の再認識を! ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  またも環境偽装が発覚した。  2月8日、三井化成ファブロ株式会社が、再生プラスチック の配合率 を偽った製品を、2000年以降最近に至るまで出荷し ていたことが 判明した。 (詳細)同社ウェブサイト  http://www.fabro.co.jp/update.htm  1月の古紙偽装に続き、日本企業の社会責任や法令遵守に 対する意識 のあまりの低さに愕然とさせられる。「偽装」と はいうが、納入先の調達基準に満たない製品を「適合」と 偽って納入し、代金を得ていたのなら、これは詐欺以外の何者 でもない。また、最終製品が国や自治体に納入先されていたな ら、結果として税金が搾取されていたわけで、そのことを社会 は重く受け止めるべきである。  当該社においては、責任の所在の明確化や他製品に関する 調査結果の 早期公表、再発防止策の提示など、やらねばならな いことが山ほどある。とりあえず、対応を見守るとともに、業 界他社が同様のことをしていないことを念じたい。  さらに、この件に関して、訴えたいことがある。  再生プラスチックにも偽装があった。だからといって 「プラスチック のリサイクルなどやめて、焼却し熱エネルギー を回収すればよい」といった風潮になびくべきではない。今こ そ3Rの原則に立ち返り、その優先順位を確認するべきである。  まずはReduce(減量)。これだけ拡大したプラスチック消費 を見つめ直し、発生抑制を考えねばならない。  次にReuse(再使用・リユース)。簡単な修理や洗浄、または そのまま使えるものは何度も使う。個人の心がけではなく、社会 的なリユースの推進およびシステム構築が必要である。  そして3つめにRecycle(リサイクル)。これにも原料資源と して再利用するマテリアルリサイクルと、焼却して熱エネルギー 回収す るサーマルリサイクルがあり、前者の優先順位が高い。  この優先順位は国際的な認識になりつつあるだけでなく、日本 でも循環型社会形成基本法で規定されている。現状、日本でこの 優先順位は絵空事のように扱われているが、それでも、なぜ、 このような優先順位があるのか考える必要がある。  仮に、ごみ処理を市場原理に委ねるだけでは低きに流れるばか りで、 使い捨て社会を助長する。各地で、自治体による容器包装 プラスチック の分別収集が始まっているが、今後もマテリアル リサイクルの限界や問題が明らかになってくるだろう。このよう な時こそ、低きに流れるので はなく、あらためて、Reduce(減量) やReuse(リユース)など、より優先順位の高い対応の実現に何が 必要か考えるべきであ る。  今回の事件が、より本質的な対応を社会が志向するきっかけと なるよう、声を大にして訴えたい。           [2008年2月10日(日)午前 現在] <本声明について> ・NPO法人環境市民という出典を明記した上で転送、引用して  ください。 ・内容に関するお問い合わせ、取材申込みは京都事務局まで  お願いします。 ------------ 環境市民の応援お願いしま す!--------------- こうした情報発信や、さらなる活動展開のためには、みなさん からのご支援が必要です。ぜひ会員になっていただき活動を 支えてください。 (ご入会)http://www.kankyoshimin.org/jp/member/member.html (ご寄付)http://www.kankyoshimin.org/jp/hotnews/projectfundrasing.html

2008年02月07日

食の安全を行政にすっかり頼ってしまうなんてことのほうが危険であると、これを契機にはやく気づいたほうがいい。

毒入り餃子事件で、いろんなコメントが飛び交っていますが、食の安全を行政にすっかり頼ってしまうなんてことのほうが危険であると、これを契機にはやく気づいたほうがいい。
「家庭の食卓に大きな影響」と言われていますが、わが家にはあまり影響はないです。冷凍食品のお世話になることはほとんどないし、顔のみえる範囲で、食材を調達する割合が、わが家はかなり割合高いです。
「検査体制を強化せよ」なんて議論がありますが、どうせ抜き取り検査しかできないのだったら、今回のような事件には効果ありませんからね。
ファクトリー・ファーミングと、検査体制に頼る食卓の未来は、かなり暗い「管理された家畜」のようなものだと思います

投稿者 nishimura : 10:04

2007年04月30日

今日のことば

畑から、キッチンから、食卓から学ぶことは 共感と思いやり、忍耐と自律心です。 こうしたカリキュラムは、子どもたちに未来の方角を指し示し、 生きる勇気を与えることができます。 アリス・ウォーターズ 「食育菜園 エディブルスクールヤード」(家の光協会)より
投稿者 nishimura : 10:32

2007年04月20日

今日のことば

R0012714b.jpg

(琵琶湖・海津大崎)

自分一人でやろうとして、自分ひとりで困り、自分一人で逃げたくなり、自分一人で決断し、自分一人でやれたことをよろこぶ。比較も競争もなく、やったことは実にたわいもないことなのに、自分が誇らしい。僕は至福に包まれていた。

伊勢達郎「のびやかに自分になる 2」

投稿者 nishimura : 10:35