travel アーカイブ

2009年06月19日

公害地域のいまを伝えるスタディツアー2009

地球環境基金からの助成を得て、この夏休みに「公害地域のいまを伝えるスタディツアー2009〜富山・イタイイタイ病の地を訪ねて〜」を開催することとなりました。大阪のあおぞら財団、都留文化大の高田研さん、京都精華大の井上有一さん達と一緒に企画してます。

大阪と関東からバスが出ます。

*************************************
公害地域のいまを伝える
スタディツアー2009
〜富山・イタイイタイ病の地を訪ねて〜
*************************************
ちらしはこちら
http://www.aozora.jpn.org/pdf/flyer2.pdf

■かつて公害に苦しんだ地域には、
 現在、住民・行政・企業がパートナーシップをむすび、
 持続可能な地域づくりに向けて活動しているところがあります。
■イタイイタイ病という公害問題に立ち向かい、
 汚染ゼロをめざして40年もの長きに渡って努力を重ねてきた富山の地を訪れ、
 公害地域のいまを学びます。
■見学やヒアリングから得た知識をワークショップを通して参加型で学びます。
■スタディツアーの前には、事前勉強会を用意しています。
■参加者は現地で学んだことを、次は発信者として、伝えていくことをめざします。

【日程】
●スタディツアー  2009年8月4日(火)・5日(水)・6日(木)の3日間
●事前勉強会  半日程度(日程・会場は後ほど連絡いたします)
【定員】15名
【参加費】約8,000円(予定)(食費相当分の負担をお願います)
【対象者】公害・環境問題に関心をもち、
     持続可能な地域づくりに取り組む意欲のある人
     参加記録の執筆をしてもらいます。
     それらの情報を元に新しい公害教育の教材および冊子を作成します。
【主催】あおぞら財団(財団法人公害地域再生センター)

【スタディツアーでのおもな訪問・ヒアリング先】(予定)
●訪問先=清流会館、土壌復元現場、神岡鉱業など
●ヒアリング先=被害者家族、活動支援者、医師・弁護士関係者、企業関係者など
【集合】
1.大阪
2.関東(未定 候補先:大槻インターチェンジ)
にて集合後、バスで現地へ移動。

【申込み方法・締め切り】
・氏名、連絡先(住所・電話番号・メールアドレス)、所属を記入の上、
 あおぞら財団に連絡をお願いします。
・締め切り=6月30日(火)定員になり次第しめきります

【協力専門家・スタッフ】(五十音順)
井上有一・京都精華大学教授
大滝あや・Tao舎代表
小田康徳・大阪電気通信大学、西淀川・公害と環境資料館館長
高田研・都留文科大学教授、あおぞら財団理事
西村仁志・同志社大学准教授
あおぞら財団事務局(林、藤江、鎗山)

【連絡・問い合わせ先】
〒555-0013大阪市西淀川区千舟1-1-1あおぞらビル4F
あおぞら財団(財団法人公害地域再生センター)
TEL:06-6475-8885 FAX:06-6478-5885  
http://www.aozora.or.jp/ webmaster@aozora.or.jp
※本事業は(独法)環境再生保全機構地球環境基金助成事業の一環です。
※いただいた個人情報は本事業の目的以外には使用しません。

=======以下、申込事項=======
公害地域のいまを伝えるスタディツアー2009
〜富山・イタイイタイ病の地を訪ねて〜

氏名

住所 〒

電話番号

緊急時/帰省先等

メールアドレス

所属  

参加動機、問題意識など

その他、要望、ご質問など

======================

2009年03月15日

Captain Cook, Hawaii

DSC_7203b.jpg

ハワイ島にきています。
こちらは冬で、けっこう寒いです。
キャプテンクックはコナの南。標高がけっこうたかく冷え込みます。
コナコーヒーの産地です。

2008年11月09日

ブラの朝市

?

ブラで、朝市に出かけました。たくさんの食材が近隣の村や町から集まってきています。意外にもサカナの活きが良さそうです。

2008年11月05日

Milano


ミラノの街角です。

2008年11月03日

Duomo,Milano


ミラノ大聖堂の写真です。 広場から29日夜に撮影しました。
雨でした。

2008年11月02日

帰ってきました

Bra

イタリアから帰ってきました。
美味しいもの飲んで、食べて、たくさんの出会いと再会。
頭の片隅に残る、ことばの数々。 いい旅でした。

2008年10月21日

イタリア・トリノへ

明日22日からイタリア・トリノへ行ってきます。(わたしの誕生日なんですが) この会議「テッラ・マドレ2008」 http://www.terramadre2008.org/pagine/incontri/welcome.lasso?id=4E98738B0527425F87oLr17FB863&tp=3&n=jp に参加してきます。 また報告します。

2008年10月10日

くりこまへ行ってきました

日本エコツーリズムセンターの「震災復興応援エコツアー」 http://www.ecotourism-center.jp/news/news081008.html に参加して、今回の「宮城岩手地震」被災地の栗駒山山麓地域とくりこま高原自然学校を訪ねました。 耕英地区はクルマでの行き来はできるようになったものの、まだ避難指示が解除されず、滞在時間制限があり、夜を過ごすこともまだできません。 もうすぐ、雪の季節がきます。 地震の爪痕はことのほか大きく、被災された方々の復興、自然学校の復興にもかなりのパワーが必要です。 今後とも引き続き、なんらかの支援をしていきたいと思います。 みなさんも関心を寄せてください。


私のとった写真をここにアップしています。

2008年10月07日

くりこま高原自然学校へ

にしむらです。 ようやくですが、「震災エコツアー第3弾」に参加して現地にいってきます。 またここで、報告させていただきます。

2008年06月16日

西村より「くりこま高原自然学校」について

▼カラーズにしむらです。

▼中国四川に引き続いて、こんどは宮城・岩手での地震が起こりました。震源近くの栗駒

山耕英地区には、私の長年の「自然学校」の仲間、佐々木豊志さんが経営する「くりこま

高原自然学校」があり、大きな被害をうけました。各地での仕事やプロジェクトをご一緒

したり、また私の研究論文にも自然学校の実践が「持続可能な地域づくり」と「青少年の

自立支援」につながる事例として紹介させていただいています。(「同志社政策科学研

究」9巻2号)

「くりこま高原自然学校」

http://kurikomans.com/

「NPO法人くりこま高原・地球の暮らしと自然教育研究所」

http://kurikoma.org/

▼佐々木さんが昨年4月に京都に来られたときには大学院生と一緒に懇談の機会をもち、

また美山で藤原誉さんが経営する自然学校「田歌舎」へのエクスカーションを行って、西

村研究室にも来ていただきました。実は来月7月に、西村M1ゼミのゲストスピーカーに

来ていただくことも決めていたのでした。

▼今回死傷者が出て大きな被害のあった「駒の湯温泉」は自然学校からほど近く、クルマ

で5分ほどのところで、以前にくりこまにお邪魔したときには佐々木さんのご案内で一緒

に入湯しに行きました。木の香りのあふれる、こじんまりとした静かで美しい温泉宿でし

た。くりこま高原自然学校とは地域の「結い」の精神で助け合う関係でした。(そのこと

も論文に書いています。)亡くなられた方々のご冥福をお祈りしております。(亡くなら

れた駒の湯温泉経営者家族の菅原さん、観光コンサルタントの麦屋さんや、鉄道博物館の

岸さんは直接は存じ上げませんが、それぞれ「知人の知人」の関係になり、他人事とは思

えません。)

▼さて「くりこま高原自然学校」では、滞在型の自然学校事業「耕英寮」を行っていて、

地元の学校への山村留学、不登校の子どもの受け入れ、ひきこもりの青年達の受け入れ事

業「若者自立塾」、などスタッフとあわせ16名が共同生活をしていました。幸い人的被

害はなかったのですが、建物や浄化槽など施設に被害が出ていて、また電気も止まり、道

路も寸断していることから、佐々木さんはじめスタッフ4名を残してヘリコプターで麓の

街まで下山した様子です。

▼なにせ自然学校ですから百戦錬磨のアウトドアズマン達で、湧き水と大量の薪があり、

当面の生活は大丈夫と思いますし、佐々木さんは阪神大震災の折には神戸にも真っ先に駆

けつけられましたので、「くりこま高原自然学校」は耕英地区の他の住民の方々への支援

や地域全体の復興の中核を担っていくことになると思います。

▼余震も続く中、子ども達の夏休みシーズンに向けて、多数の事業が予定されていますの

で、一刻もはやい復旧を祈るばかりです。日本の自然学校関係者からは見舞金支援の動き

を始めようとしていますが、口座開設に時間がかかっています。

以下、見舞金のお願いです。

読者の皆様にはとりいそぎ、私のところで預からせていただき、責任をもってくりこまの

ほうに届けたいと思います。


郵便振替番号01030-8-58530「環境共育事務所カラーズ」

通信欄に「くりこま高原自然学校支援」と明記してください。


今後、皆様には何かと協力をお願いすることになるかもしれませんが、ご理解の程、どう

ぞよろしくお願いいたします。


"Colors of Nature"メールマガジン発行人 西村仁志


2008年03月15日

JR寝台急行列車「銀河」

ニュースをみてたら、JR寝台急行列車「銀河」が昨夜で運行を終了したそうだ。

東京ー大阪間を結んでいた寝台列車だ。運行終了は新幹線の高速化、高速バスの普及等での乗客減が原因らしい。
?
中学二年生のときに、友人たちと3人でこの列車にのって旅にでた。(1977年かな。)?

京都から朝に東京に着いて、都内をめぐり(新宿の高層ビル群はまだ2〜3本だったように思う)
夜はまた新宿駅から中央本線の夜行の普通列車に乗り、諏訪湖、そして飯田線の各駅停車で豊橋に着き、こだま号で京都に帰るという行程だったと思う。
つまり車中泊2泊で、ホテルや旅館には泊まらない。 (そりゃ、中学生だけでは泊めてくれないだろう。)

残念ながら「銀河」にお世話になったのはそのときだけ。(次の高校生の旅のときには夜行バス「ドリーム号」を使った。)
でも「銀河」は自分を新しい世界に連れて行ってくれた、思い出に残る列車だ。?
そのとき一緒に旅した友人がいま東京消防庁で働いているが、きっと彼もそうだろう。

2007年03月26日

New York

New York
ny1.jpg

ny3.jpg

ny2.jpg

ny4.jpg

投稿者 nishimura : 23:29

2007年03月16日

Mariposa

カリフォルニアからです。
ヨセミテ国立公園の麓、Mariposaという小さな町に今日から3泊します。Mariposaはスペイン語で「蝶」のこと。カリフォルニアにはスペイン統治時代の地名がそこかしこにあります。
この町を通るハイウェイ49号線(といっても田舎道ですが)はいわゆる「49er(Fourty Niner)」(1848年にこの近くで金が発見されたことを聞きつけて、翌年1849年に一攫千金を夢見てやってきた連中のこと)にちなんだ命名です。
それからこの町で有名なのは「Court House」裁判所の建物です。これについては以前ここに書いています。

http://www.yosemite.jp/mt31/archives/000080.html

投稿者 nishimura : 23:36

2007年01月19日

東京へ

今日から代々木のオリンピック記念青少年総合センターにいきます。青少年体験活動全国フォーラムで分科会をもちます。

投稿者 nishimura : 22:06

2006年11月17日

観覧車

kanransha.jpg
RICOH GR-Digital

観覧車の写真って、なぜか好きなんです。
横浜みなとみらいにて。

投稿者 nishimura : 22:16

2006年10月01日

10月です。新しい立場に

10月になりました。西村仁志に変化があります。
「同志社大学大学院総合政策科学研究科助教授」に就任しました。
この春に新設されたソーシャル・イノベーション研究コースにおいて、演習、地域環境教育論、地域インターンシップその他を担当します。
「環境共育事務所カラーズ」の活動もこれまで通り細々と続けてまいります。
細々とといえば、メールマガジンが長く出せていません。楽しみにしていただいている読者の方々、情報提供をいただく方にご迷惑をおかけしています。
近々再構成をするなりして、復刊していきたいと思います。よろしくおねがいします。

投稿者 nishimura : 22:24

2004年09月04日

京都から

▼14回目のヨセミテキャンプを無事終えて、8月30日アメリカより帰国しました。ボストン〜サンフランシスコベイエリアの往復もあって長い旅になりましたが、いくつもの新しい出会いや交流の機会もあって、たいへん有意義でした。
▼シエラネバダの山の中でオリンピックや日本の情報からも隔絶されていましたが、キャンプ中の関心事は天気のこと。日の出、日没、星空がきれいに見えるかどうか。ブラックベアのキャンプサイトへの徘徊などです。シエラネバダの水と地ビール、カリフォルニアワインでだいたい3日目くらいには体中の液体が入れ替わります。
▼時差ボケ解消の間もなくフル回転で動いています。東京〜滋賀をへて本日やっと帰宅しました。
▼岩波新書の最新刊「社会起業家」(斎藤槙著)をやっと入手しました。いまから楽しみに読みます。

2004年08月28日

Tuolumne Meadowsの夜明け

yoake.jpg

2004年08月20日

ボストンの街角にて

DSC_2470.jpg

2004年08月17日

いってきます

本日出発でアメリカ行きです。帰国は30日です。
今回はボストンの友人宅を訪ねるのと、14回目となるヨセミテでのキャンプです。
8/21から26の間はヨセミテの山中に入りますので、メールなどのチェックができません。
ご承知おきください。では、いってきます!

2004年08月04日

志賀高原

shigakogen1.jpg

同志社女子大のサマーキャンプで、7/31-8/3志賀高原に行ってきました。
お天気も上々で、東館山、横手山へのハイキング、木戸池から蓮池まで、森と池、湿原を巡るハイキングなどを学生たちと楽しんできました。京都の暑さとは全く別世界で、天国のようです。
同志社女子大のサマーキャンプはこれで3回目ですが、いつも学生たちが積極的によく動き、楽しくやらせてもらっています。

2004年02月16日

いしかわ自然学校

▼先週金曜日に石川県の「いしかわ自然学校」のアドバイザー会議に出席してきました。ほかに例を見ない「ネットワーク型」のユニークな運営形態の自然学校です。今年度でまる3年となり、年間の総参加者数2万人を越える事業に成長してきました。学校や民間事業者との連携なども進みつつありますし、自前の指導者養成のしくみもできました。5年前に自然保護課のみなさんと一緒にこの事業を立ち上げていくところからの関わりですが、ここまでカタチができてきたのは感慨深いものです。
▼4年目に入って、次のステージへのビジョンをもっていきたいものですが、「いしかわ自然学校」を「県の事業」から「県の文化」に育てましょうと、お話ししてきました。
▼子どもたちが自然のなかで遊び、学ぶことがあたりまえ。キャンプリーダーや国立公園レンジャー、ネイチャーガイドが憧れのしごと。駅に降り立ったら、自転車やシーカヤックなど自然体験ツアーの案内がいっぱい。こんなことが石川県のひとつの文化になるといいなあと夢想しています。(2004.2.16)

投稿者 nishimura : 21:32

2002年06月28日

ソウルで見つけました

2002年5月7日〜9日ソウルへ行ってきました。
うー看板になんて書いてあるか、さっぱりわからんー。
そんな私たちのために、ありがたいことに時折日本語表示をみかけます。
ところが・・・。


「ねぎお好み焼き」でしょうね。これは。(明洞にて)



「スタイルガち」はたぶん「スタイルから」でしょうね。それに「エレベター」も惜しい。
もうひとがんばりといった感じです。(明洞にて)



「バジャマ」。これもおしい。(市庁舎駅近くにて)



「ランゼリ」っていったい何でしょう。(市庁舎駅近くにて)



「Tバク」・・・爆発寸前です。「わらい おみやげ」も不気味です。
(この店は地下街にある普通の衣料品店です。)(市庁舎駅近くにて)



「マシサージ」。わざわざ「シ」を小さくして使っているのがすごいです。
(市庁舎近くにて)

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。楽しい旅でした。