people アーカイブ

2010年10月08日

訃報:姫野雅義さん

徳島・吉野川第十堰の市民運動のリーダー姫野雅義さんが事故で亡くなられたとの訃報が届いた。

姫野さんとは2001年の「環境教育ネットワーク千刈ミーティング」、2008年のTOEC「平和と元気につなぐ環境教育セミナー」で、ご一緒させていただいた。姫野さんは「クルマのトランクにいつも釣り竿が入っているけど、長いこと釣りに行けてないんだ」と仰っていた。
国土交通大臣に「可動堰化はあり得ない」と明言させた今、これから「川ガキ」に戻っていっぱい遊ぼうと思ってたんだろうと思う。一緒に遊びたかった。惜しい。冥福を祈ります。

姫野雅義さんと、TOECの伊勢達郎さん&スタッフ達とで、吉野川第十堰で一緒につくりあげた学びの場「平和と元気につなぐ環境教育セミナー」 2008年1月

2008年06月16日

西村より「くりこま高原自然学校」について

▼カラーズにしむらです。

▼中国四川に引き続いて、こんどは宮城・岩手での地震が起こりました。震源近くの栗駒

山耕英地区には、私の長年の「自然学校」の仲間、佐々木豊志さんが経営する「くりこま

高原自然学校」があり、大きな被害をうけました。各地での仕事やプロジェクトをご一緒

したり、また私の研究論文にも自然学校の実践が「持続可能な地域づくり」と「青少年の

自立支援」につながる事例として紹介させていただいています。(「同志社政策科学研

究」9巻2号)

「くりこま高原自然学校」

http://kurikomans.com/

「NPO法人くりこま高原・地球の暮らしと自然教育研究所」

http://kurikoma.org/

▼佐々木さんが昨年4月に京都に来られたときには大学院生と一緒に懇談の機会をもち、

また美山で藤原誉さんが経営する自然学校「田歌舎」へのエクスカーションを行って、西

村研究室にも来ていただきました。実は来月7月に、西村M1ゼミのゲストスピーカーに

来ていただくことも決めていたのでした。

▼今回死傷者が出て大きな被害のあった「駒の湯温泉」は自然学校からほど近く、クルマ

で5分ほどのところで、以前にくりこまにお邪魔したときには佐々木さんのご案内で一緒

に入湯しに行きました。木の香りのあふれる、こじんまりとした静かで美しい温泉宿でし

た。くりこま高原自然学校とは地域の「結い」の精神で助け合う関係でした。(そのこと

も論文に書いています。)亡くなられた方々のご冥福をお祈りしております。(亡くなら

れた駒の湯温泉経営者家族の菅原さん、観光コンサルタントの麦屋さんや、鉄道博物館の

岸さんは直接は存じ上げませんが、それぞれ「知人の知人」の関係になり、他人事とは思

えません。)

▼さて「くりこま高原自然学校」では、滞在型の自然学校事業「耕英寮」を行っていて、

地元の学校への山村留学、不登校の子どもの受け入れ、ひきこもりの青年達の受け入れ事

業「若者自立塾」、などスタッフとあわせ16名が共同生活をしていました。幸い人的被

害はなかったのですが、建物や浄化槽など施設に被害が出ていて、また電気も止まり、道

路も寸断していることから、佐々木さんはじめスタッフ4名を残してヘリコプターで麓の

街まで下山した様子です。

▼なにせ自然学校ですから百戦錬磨のアウトドアズマン達で、湧き水と大量の薪があり、

当面の生活は大丈夫と思いますし、佐々木さんは阪神大震災の折には神戸にも真っ先に駆

けつけられましたので、「くりこま高原自然学校」は耕英地区の他の住民の方々への支援

や地域全体の復興の中核を担っていくことになると思います。

▼余震も続く中、子ども達の夏休みシーズンに向けて、多数の事業が予定されていますの

で、一刻もはやい復旧を祈るばかりです。日本の自然学校関係者からは見舞金支援の動き

を始めようとしていますが、口座開設に時間がかかっています。

以下、見舞金のお願いです。

読者の皆様にはとりいそぎ、私のところで預からせていただき、責任をもってくりこまの

ほうに届けたいと思います。


郵便振替番号01030-8-58530「環境共育事務所カラーズ」

通信欄に「くりこま高原自然学校支援」と明記してください。


今後、皆様には何かと協力をお願いすることになるかもしれませんが、ご理解の程、どう

ぞよろしくお願いいたします。


"Colors of Nature"メールマガジン発行人 西村仁志


2007年07月07日

熊本県宮原町

昨日はゼミのゲスト講義で熊本県宮原町の「まちづくり情報銀行」の岩本剛さんにお話しを伺いました。岩本さんは企画調整課のまちづくり推進係長ですが、まちづくりや子どもからお年寄りまでの参画の知恵がいっぱいです。また熊本行きのチャンスがあればお訪ねしたいですね。

2006年10月07日

訃報:スティーブ・メドレー氏

Yosemite Association会長のSteven P. Medley氏が10月5日(木)、自動車事故で亡くなられました。55歳でした。 1985年から20年以上にわたってY.A.の会長を務められ、教育プログラムへの支援、ボランティアやインターンシッププログラムなどの充実など、ヨセミテ国立公園に対して多くの貢献をしてこられました。また公園職員としての経歴を含めると35年にもわたってヨセミテ国立公園で働いてこられました。 またユーモア溢れるお人柄で、ほんとに多くの方々に愛される存在でした。Y.A.内だけでなく、ヨセミテのコミュニティ全体にとっても大きな損失です。 私はスティーブと個人的にも10年余りおつきあいをさせていただいていたので、たいへんショックをうけています。 ご本人のご冥福、そして残された家族のみなさんの平安をお祈り申し上げます。 http://www.yosemite.org/newsroom/clips2006/october/smedley.html
投稿者 nishimura : 22:22

2004年09月22日

ラジオ出演

9月21日10時から「京都三条ラジオカフェ」(三条御幸町の「アートコンプレックス1928」にある)で、お坊さんDJの番組「京都三条ボンズカフェ」に出演しました。
生放送だったのですが、9月22日の22時からまた再放送もあります。(79.7MHz。京都市内中心部のみ。)

土曜日以降は、インターネットラジオでも聴けるそうです。以下からどうぞ。

「京都三条ボンズカフェ」のサイト

2004年06月04日

レイ・チャールズが亡くなりました

73歳だったそうです。
映画「ブルース・ブラザーズ」からまた一人、旅立たれました。

2004年04月29日

「1日1000円で遊べる南の島」

minamino.jpg

 先週末は「ひとり旅の作り方講座」ワークショップのゲストをしてきました。参加者が旅のプランニングをしていくのを「いいなぁ〜、いいなぁ〜」を連発しながらうらやましくみていました。ここでもうひとりのゲスト林和代さんとご一緒させていただいたのですが、なかなか楽しくパワフルで、そしてしなやかな女性でした。(ホメすぎか!)

 林さんの本「1日1000円で遊べる南の島」もお勧めです。これまた「いいなぁ〜、いいなぁ〜」連発です。

この本の詳細をみる

2004年02月06日

国立淡路青年の家のスタッフ

▼昨日まで2日間、「国立淡路青年の家」で「国公立青年教育施設職員研修会」の講師をしていました。淡路青年の家はこれまでも主催事業の講師で呼んでいただいたり、利用団体としても秋の「インタープリタートレーニングセミナー(ITS)」や昨年の大学生の自然体験セミナーなどでお世話になっています。このメルマガの読者の方もこうした事業に参加していただいたり、この青年の家の主催事業に参加された方もいらっしゃると思います。

▼ここに来られた方にはお馴染みだと思いますが、専門職員の鍋嶋一弘さん、大本晋也さん、竹内圭三さんはもともと兵庫県、徳島県の高校教員です。3月で青年の家への3年間の出向期間を終えられて、また地元に帰任されることになります。今回の研修会はこの方々と淡路青年の家でご一緒する最後の仕事になりました。
▼打ち合わせをしていても、現場でいろいろ判断、連絡するときも、もう「あうん」の呼吸でわかりあえるような、まさに「ドリームチーム」のようでした。そして彼らの担当する最後の主催事業にふさわしい、いい研修会、いい仕事になりました。
▼3年間にわたりほんとにお世話になりました。学校に戻られたら、ここでの異質な経験を生かしてきっと面白い先生になられると思います。

投稿者 nishimura : 21:35