News アーカイブ

2012年01月02日

歌野敬さん「週間脱原発関連情報」

長崎・上五島在住の歌野敬さんからの「週間脱原発関連情報」の続きをアップします。
---
歌野父です。
添付のPDFをご覧ください。こんなものを始めてみました。
意図はネット情報とマスメディア情報の落差を埋めるために、ネットをやらない人に何とか情報を伝えることができないかと考えた結果です。
で、お願いですが、可能な人はこれをプリントしていただき、周囲のネットをやらない人にコピーして配っていただけないでしょうか。
またこの情報選択は私のところに送られてくる情報の中から勝手に選択したもので、これは知らせたいというような情報があれば私宛に送って貰えば出来るだけ盛り込みます。
どれだけの効果があるか不明ですが、ともかく原発を止めるためには思いつくことは出来るだけやるという方針の結果です。
よろしくお願いします。

第1号(2011.9.10)http://www.colorsjapan.com/files/genpa2/1.pdf
第2号(2011.9.17)http://www.colorsjapan.com/files/genpa2/2.pdf
第3号(2011.9.22)http://www.colorsjapan.com/files/genpa2/3.pdf
第4号(2011.9.29)http://www.colorsjapan.com/files/genpa2/4.pdf
第5号(2011.10.6)http://www.colorsjapan.com/files/genpa2/5.pdf
第6号(2011.10.15)http://www.colorsjapan.com/files/genpa2/6.pdf
第7号(2011.10.22)http://www.colorsjapan.com/files/genpa2/7.pdf
第8号(2011.10.29)http://www.colorsjapan.com/files/genpa2/8.pdf
第9号(2011.11.8)http://www.colorsjapan.com/files/genpa2/9.pdf
第10号(2011.11.16)http://www.colorsjapan.com/files/genpa2/10.pdf
第11号(2011.11.23)http://www.colorsjapan.com/files/genpa2/11.pdf
第12号(2011.11.30)http://www.colorsjapan.com/files/genpa2/12.pdf NEW!
第13号(2011.12.7)http://www.colorsjapan.com/files/genpa2/13.pdf NEW!
第14号(2011.12.16)http://www.colorsjapan.com/files/genpa2/14.pdf NEW!
第15号(2011.12.20)http://www.colorsjapan.com/files/genpa2/15.pdf NEW!
第16号(2011.12.28)http://www.colorsjapan.com/files/genpa2/16.pdf NEW!

2011年11月20日

歌野敬さん「週間脱原発関連情報」

長崎・上五島在住の歌野敬さんからの「週間脱原発関連情報」の続きをアップします。
---
歌野父です。
添付のPDFをご覧ください。こんなものを始めてみました。
意図はネット情報とマスメディア情報の落差を埋めるために、ネットをやらない人に何とか情報を伝えることができないかと考えた結果です。
で、お願いですが、可能な人はこれをプリントしていただき、周囲のネットをやらない人にコピーして配っていただけないでしょうか。
またこの情報選択は私のところに送られてくる情報の中から勝手に選択したもので、これは知らせたいというような情報があれば私宛に送って貰えば出来るだけ盛り込みます。
どれだけの効果があるか不明ですが、ともかく原発を止めるためには思いつくことは出来るだけやるという方針の結果です。
よろしくお願いします。

第1号(2011.9.10)http://www.colorsjapan.com/files/genpa2/1.pdf
第2号(2011.9.17)http://www.colorsjapan.com/files/genpa2/2.pdf
第3号(2011.9.22)http://www.colorsjapan.com/files/genpa2/3.pdf
第4号(2011.9.29)http://www.colorsjapan.com/files/genpa2/4.pdf
第5号(2011.10.6)http://www.colorsjapan.com/files/genpa2/5.pdf
第6号(2011.10.15)http://www.colorsjapan.com/files/genpa2/6.pdf
第7号(2011.10.22)http://www.colorsjapan.com/files/genpa2/7.pdf
第8号(2011.10.29)http://www.colorsjapan.com/files/genpa2/8.pdf
第9号(2011.11.8)http://www.colorsjapan.com/files/genpa2/9.pdf NEW!
第10号(2011.11.16)http://www.colorsjapan.com/files/genpa2/10.pdf NEW!
第11号(2011.11.23)http://www.colorsjapan.com/files/genpa2/11.pdf NEW!

2010年07月08日

公開シンポジウム 「京都・梅小路公園に水族館? 〜いのちと環境から考える〜」

チラシをPDFでアップします。
http://www.colorsjapan.com/files/umekoji-symp.pdf

(転送歓迎)
*************************************************************
2010年7月22日(木)午後6時開演 公開シンポジウム

「京都・梅小路公園に水族館? 〜いのちと環境から考える〜」
       環境モデル都市・京都に水族館? ほんまにほんま?

http://www.eonet.ne.jp/~qzu03325/caring.html
*************************************************************

 「京都市下京区の梅小路公園の一角に、オリックス不動産株式会社が
国内最大の内陸型水族館を、また西日本旅客鉄道株式会社が鉄道博物
館の建設を計画しています。5月14日、京都市が都市公園法に基づき水
族館建設の設置を許可しました。
 環境モデル都市を掲げる京都市長が『なぜ恵まれた山や森や川での環
境学習ではなく、わざわざ民間企業に賃貸料を下げてまで市有地を提供し、
イルカなどに不自然な暮らしを強いながらの水族館建設を推進しようとされ
ているのか、水族館は環境学習施設ではなく娯楽施設であり、人間が自己
中心的な愚か者であることを教えるだけの場になるのではないか』等の疑
問に正面から答えられることなく水族館の設置を許可されたことに私は哀し
みを覚え続けております。
 当会では、今一度、立ち止まり、いのちのつながりと環境学習の視点から
水族館建設の意味を検証したく存じます。どうぞご参集下さい。合掌」

法然院 貫主 梶田真章

○基調講演とパネルディスカッション

■第一部 基調講演「生きもの感覚で生きる」
 中村桂子
■第二部 対談「動物園・水族館の功罪」
 中村桂子 × 山極寿一 + 司会進行 梶田真章
■第三部 鼎談「京都水族館(仮称)建設の意味を問う」
 山極寿一 × 佐野春仁 × 西村仁志

・パネラー紹介(五十音順・敬称略)
 梶田真章(法然院 貫主)
 佐野春仁(京都建築専門学校教務主任 財団法人啓明社理事)
 中村桂子(JT生命誌研究館 館長)
 西村仁志(環境共育事務所カラーズ 代表)
 山極寿一(国際霊長類学会 会長)

・日時:2010年7月22日(木)
・時間:午後6時(開演)〜9時
・会場:京都府立総合社会福祉会館 ハートピア京都 大会議室
 http://www.heartpiakyoto.jp/
 〒604-0874 京都市中京区竹屋町通烏丸東入る清水町375番地
 京都市営地下鉄烏丸線「丸太町」駅下車 5番出口
 TEL 075-222-1777

・定員:200名(先着順、事前申込不要。当日、会場にお越しください。)
・参加費:無料 ※会場でカンパを募りますので、ご協力ください。
・主催:「京都水族館(仮称)と梅小路公園の未来を考える会」
 実行委員会(法然院、日本環境保護国際交流会(J.E.E.)、
 アートステージ567、財団法人啓明社、いきもの多様性研究所(順不同))
・お問合せ先:
「京都水族館(仮称)と梅小路公園の未来を考える会」 実行委員会事務局
 URL http://www.eonet.ne.jp/~qzu03325/caring.html
 〒604-8862 京都市中京区壬生森町13-34 いきもの多様性研究所内 
 E-Mail inst.biodiversity@gmail.com 
 FAX(D-FAX)020-4666-3091(IP・光電話の方は075-203-6449)


2009年11月19日

ラジオ出演します

ラジオ番組収録完了しました。

放送は11月27日(金)19:30-20:00
ラジオ関西(558kHz)『正木明のエコスタイル』
関西の方には「おはよう朝日」でおなじみの気象予報士さんです。
http://jocr.jp/ecostyle/index.html

エコツーリズムの話をします。
夜間の中波ラジオの電波は関西圏以外にも飛んでいくと思います。
時間の合う方は中波ラジオの一番下の方にダイヤルをあわせてみてください。

2009年06月30日

ゼロからつくる自分のしごと〜ソーシャルイノベーション・社会起業的な仕事術〜

ゼロからつくる自分のしごと
〜ソーシャルイノベーション・社会起業的な仕事術〜
ゲスト:西村仁志さんを迎えて

ソーシャルイノベーション(social inovation)とは、
社会や組織のあり方を変える、社会・経済問題の解決法における
新しい考え方や方法のことです。
特に「環境」「国際協力」「教育」「福祉」「まちづくり」・・・
といった従来主に「公」の仕事と捕らえられていたことを
社会起業としてビジネスマインドをもって取組む個人や団体が
世界中で増えてきています。

このセミナーは、ソーシャルイノベーション、社会起業に
興味のある方、既に取組んでいる方が、新しく自分の活動を
つくるための発見をしたり、これまでやってきた活動の棚卸しを
する機会を提供する場です。

ゲストからの話題の提供のみならず、個人のワーク、
参加者同士の意見交換といった多彩な構成のワークショップ形式で
進行する予定です。最終的には参加されたみなさんが、
成果を自分の現場に持ち帰ることのできるように場をデザインしていきます。

今回は、個人では環境共育事務所カラーズを主宰し、
同志社大学でソーシャルイノベーションの研究を行われている
西村仁志さんがゲストです。
西村さんは、カラーズでSOHO(スモールオフィス・ホームオフィス)的な
暮らしを実践しながら、環境教育、自然学校といった社会起業活動を実践されています。
また、大学では学生たちが実践する様々なタイプの社会起業活動をサポートしながら、
論文作成を指導されている、ソーシャルイノベーションの現場を熟知した
プロフェッショナルです。

西村さんは個人的にも多大な影響を受けた方の一人です。
環境教育事務所LeafのWEBサイトでは、このセミナーにあわせて
「コラム:ゼロからつくる自分のしごと」
もあわせてアップデートしています。ご一読ください。
このセミナーを通じて、ご一緒にソーシャルイノベーションや社会起業について
考えていきましょう。

■日程:9月5日(土)6日(日)日帰り通い
 両日とも参加いただける方のみお申し込みください 
■会場:フェアトレードカフェPACO
(広島市中区大手町3-8-3 TEL/082-247-0645)

■ゲスト:西村仁志さん(同志社大学大学院総合政策科学研究科准教授)
1963年10月22日京都生まれ。同志社大学在学中にボランティアとして
京都YMCAの少年体育、サマーキャンプ、スキー、国際交流などで活動。
大学卒業後は京都YMCAに職員として勤務。20代後半になると環境教育や
自然体験に興味をもち、何かしたい思いがふつふつと湧いて、周囲の心配を
よそに7年間勤務したYMCAを退職。アメリカへの一人旅のあと、無職で
家族とたのしく暮らしていたら「環境共育」と”Colors of Nature”の
キーワードに出会い、1993年個人事務所「環境共育事務所カラーズ」を開業し、
環境学習・市民参加まちづくりのコーディネート、コンサルティングや研修会、
イベント等の企画運営、アメリカ・ヨセミテ国立公園へのキャンプなどを行う。
同志社大学大学院総合政策科学研究科博士課程(前期)修了。
2006年10月より同志社大学大学院総合政策科学研究科准教授
(ソーシャル・イノベーション研究コース・任期5年)。
■対象:
・ソーシャルイノベーション、社会起業に興味がある方
・ソーシャルイノベーション、社会起業に携わっている方
■定員:10名
■参加費:15,000円(一般)8,000円(学生)(予定)
■スケジュール

9月5日(土)
9:30 受付〜
10:00 開始/オリエンテーション
   自己紹介(どんな人が集まっているのかな?)
11:00 ゲストトーク
   「西村仁志さんってどんな人?」
12:00 昼食(お弁当)
13:00 ゲストトーク 
  「ソーシャルイノベーション・社会起業的な仕事人になるってどんなこと?」
14:00 ワークタイム
  「ソーシャルイノベーション・社会起業的な働き方の棚卸し1」
15:00 ゲストトーク
  「ソーシャルイノベーション・社会起業的な働き方で大切にしていること」
16:00 ワークタイム
  「ソーシャルイノベーション・社会起業的な働き方の棚卸し2」
18:00 夕食会
   スライドショー
   よろず相談会/交流会 
22:00 終了

9月6日(日)
9:30 開場/チェックイン
10:00 半日ソーシャルイノベーション事務所を開こう1
12:00 昼食(お弁当)
13:00 半日ソーシャルイノベーション事務所を開こう2
14:00 疑問難問オブジェクション
   棚卸しや半日事務所の具体化を通じて浮かび上がってきた課題を共有し考える時間
16:00 クロージング
17:00 終了

■主催:環境教育事務所Leaf
■お申し込み方法
→インターネットの申し込みフォームの場合
spreadsheets.google.com/viewform?formkey=cktaTm40bk43RFJQc2pyLWl5LW5NZlE6MA..

→E-mail(info@4leaves.jp)またはFAX(0826-72-8064)の場合
以下の項目をご記入下さい。
1:「ゼロからつくる自分のしごと」参加希望
2:お名前(ふりがな)
3:郵便番号と住所
4:電話番号
5:活動団体(学校名)←所属されている方のみ
6:年代
7:性別
8:参加動機
9:この講座を何で知ったか
10:E-mailアドレス

■お問い合わせ
環境教育事務所Leaf 河野宏樹
E-mail : info@4leaves.jp
URL : www.4leaves.jp

2009年06月19日

公害地域のいまを伝えるスタディツアー2009

地球環境基金からの助成を得て、この夏休みに「公害地域のいまを伝えるスタディツアー2009〜富山・イタイイタイ病の地を訪ねて〜」を開催することとなりました。大阪のあおぞら財団、都留文化大の高田研さん、京都精華大の井上有一さん達と一緒に企画してます。

大阪と関東からバスが出ます。

*************************************
公害地域のいまを伝える
スタディツアー2009
〜富山・イタイイタイ病の地を訪ねて〜
*************************************
ちらしはこちら
http://www.aozora.jpn.org/pdf/flyer2.pdf

■かつて公害に苦しんだ地域には、
 現在、住民・行政・企業がパートナーシップをむすび、
 持続可能な地域づくりに向けて活動しているところがあります。
■イタイイタイ病という公害問題に立ち向かい、
 汚染ゼロをめざして40年もの長きに渡って努力を重ねてきた富山の地を訪れ、
 公害地域のいまを学びます。
■見学やヒアリングから得た知識をワークショップを通して参加型で学びます。
■スタディツアーの前には、事前勉強会を用意しています。
■参加者は現地で学んだことを、次は発信者として、伝えていくことをめざします。

【日程】
●スタディツアー  2009年8月4日(火)・5日(水)・6日(木)の3日間
●事前勉強会  半日程度(日程・会場は後ほど連絡いたします)
【定員】15名
【参加費】約8,000円(予定)(食費相当分の負担をお願います)
【対象者】公害・環境問題に関心をもち、
     持続可能な地域づくりに取り組む意欲のある人
     参加記録の執筆をしてもらいます。
     それらの情報を元に新しい公害教育の教材および冊子を作成します。
【主催】あおぞら財団(財団法人公害地域再生センター)

【スタディツアーでのおもな訪問・ヒアリング先】(予定)
●訪問先=清流会館、土壌復元現場、神岡鉱業など
●ヒアリング先=被害者家族、活動支援者、医師・弁護士関係者、企業関係者など
【集合】
1.大阪
2.関東(未定 候補先:大槻インターチェンジ)
にて集合後、バスで現地へ移動。

【申込み方法・締め切り】
・氏名、連絡先(住所・電話番号・メールアドレス)、所属を記入の上、
 あおぞら財団に連絡をお願いします。
・締め切り=6月30日(火)定員になり次第しめきります

【協力専門家・スタッフ】(五十音順)
井上有一・京都精華大学教授
大滝あや・Tao舎代表
小田康徳・大阪電気通信大学、西淀川・公害と環境資料館館長
高田研・都留文科大学教授、あおぞら財団理事
西村仁志・同志社大学准教授
あおぞら財団事務局(林、藤江、鎗山)

【連絡・問い合わせ先】
〒555-0013大阪市西淀川区千舟1-1-1あおぞらビル4F
あおぞら財団(財団法人公害地域再生センター)
TEL:06-6475-8885 FAX:06-6478-5885  
http://www.aozora.or.jp/ webmaster@aozora.or.jp
※本事業は(独法)環境再生保全機構地球環境基金助成事業の一環です。
※いただいた個人情報は本事業の目的以外には使用しません。

=======以下、申込事項=======
公害地域のいまを伝えるスタディツアー2009
〜富山・イタイイタイ病の地を訪ねて〜

氏名

住所 〒

電話番号

緊急時/帰省先等

メールアドレス

所属  

参加動機、問題意識など

その他、要望、ご質問など

======================

2009年06月01日

「京町家 さいりん館 室町二条」オープンしました

4月から準備を進めてきました「京町家 さいりん館 室町二条」オープンしました。
WEBサイトは、まだ仮のものですがオープンしております。

「京町家 さいりん館 室町二条」WEBサイト
http://www.sairinkan.com

2004年08月10日

環境保全活動・環境教育推進法について

「環境保全活動・環境教育推進法(通称)」が2004年10月1日に完全施行となります。

環境省のページで基本方針概要案に対するパブリックコメントの募集が始まりました。


関連ページを紹介します。
★地球環境パートナーシッププラザの意見交換会のページ
★フォーラム「環境教育推進法を考えよう!」のページ