2012年02月21日

コーディネーター

今日のとある会議での私の発言。

「****」に理解ある人に「コーディネートのスキル」を伝授して「****コーディネーター」を育てるよりも、既に地域や社会でいろんな繋がりを持って活動している方に「****」について理解してもらったほうが、物事が進んでいくのが早いですよね。

(「****」にはあなたの関係しているテーマを入れて読んでみてください。例:「環境教育」、「地域福祉」とか「異文化共生」とかなんでもかまいません。)

この発想は昨年、大阪でのESDコーディネーター研修を企画する際に、関係者から出てきたものです。

投稿者 nishimura : 2012年02月21日 23:05 | トラックバック (0)