2010年05月 アーカイブ

2010年05月24日

働くって、どういうことかを考える2ワークショップ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ 
 ◆働くって、どういうことかを考える2ワークショップ◆

 #1:6月11日(金)夜
 「ところで、「働く」って、どういうことですか?」

 #2:7月10日(土)〜11日(日)
 「わたしにとって、「働く」って、どういうことだろう?」

  シチズンシップ共育企画 × 環境共育事務所カラーズ  
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

自分をいかして「働く」ことへの関心は高まるばかり。

自分の仕事をつくった人の話を聞いたり、
読んだりすることは増えてきているのではないでしょうか。

そこで聞けたり読めたりするのは、
「今、どんなことをしているのか?」
「どんな経験を経て、今にいあっているのか?」(しかも武勇伝的)
ということが、ほとんど。

自分の仕事をつくっていく中でのリアルな紆余曲折や、
その中で起こっている「しごと観」の変化に接近できることは
なかなか、珍しいようです。

また、そうした自分の仕事をつくった人と
じっくりと向かい合って、やりとりしながら
「わたしの考え」と交わらせていくことも、
なかなか、ないようです。

そこで、今回、シチズンシップ共育企画では、
20年前から「自分の仕事」をつくりあげ、自然体で軽やかに生きておられる
環境共育事務所カラーズの西村仁志さんをゲストにお招きし、
「しごと」と「わたし」のつながりを幸せなものにしていくための
2つのワークショップを行うことにいたしました。

「これでええんかな?」
「どないしたらええんやろか?」
「分かったようで分からんなぁ…」

そんなつぶやきをしたくなる
あなたのご参加をお待ちしています!


#1 プレトーク!
-------------------------------------------------------------------
ところで、「働く」って、どういうことですか?
 ~「自分の仕事」をつくった2人に聞いてみる夜~ 
-------------------------------------------------------------------
■日時:2010年6月11日(金)19時~21時
    (開場:18時45分)
■場所:ひと・まち交流館 第3会議室
   〒600-8127
   京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83-1 
   http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html

■参加費:1000円
 ※ #2と連続参加の方は、無料!

■定員:10名(先着順)
■対象:「わたし」と「しごと」について考えてみたい人

■内容:
○セッション1
 「ずばり、『働く』とは?」
   ・西村さんと川中に聴く
    今の考えと、学生の時の考えはどう違う?
    その変化が生まれたのは? など 
○セッション2
 「いま、みんなは「働く」ということを巡って、
  どんなこと、考えていますか?」


#2 しっかりワークショップ!
-------------------------------------------------------------------
わたしにとって「働く」って、どういうことだろう?
 ~自分の仕事をつくってみる2日間~
-------------------------------------------------------------------
■日時:2010年7月10日(土)13時30分(開場:13時)
     ~7月11日(日)17時
■場所:京都/宇多野ユースホステル
   〒616-8191
   京都市右京区太秦中山町29
   http://www.yh-kyoto.or.jp/utano/

■参加費:一般 18,000円/学生 15,000円(宿泊費・食費含む)
 ※ 6月26日以降のキャンセルは、
  キャンセル料をいただきます。ご了承ください。
 (6月26日以降=参加費の50%、WS当日=参加費の100%)

■定員:15名(先着順)
■対象:「わたし」の「しごと」について考えてみたい人

■内容:
◎「わたしの『しごと観』をほぐす1日目」
13:00 開場
13:30 プログラム開始
     いまの「しごと」と「わたし」の関係は?
14:30 セッション1
    「自分の仕事」はどうつくられていくのか?
18:00 夕食
19:00 セッション2
    「これまで」と「いま」をブリッジする
21:00 プログラム終了・入浴
22:00 オプショナルPG「情報交換会」

◎「わたしの『しごと観』をくみたてる2日目」
09:00 セッション3
    「個人事務所」をつくってみる
12:00 昼食
13:30 セッション4
    「いま」と「これから」をブリッジ
16:30 ふりかえり
17:00 終了


(全2回共通)
■ゲスト
○西村仁志さん(環境共育事務所カラーズ代表・同志社大学政策学部准教授)
*******************************************************
 1963年京都生まれ。20代から環境教育や自然体験活動に興味をもち、7年間勤務した京都YMCAを退職し1993年個人事務所「環境共育事務所カラーズ」を開業。自治体や企業、NPO等の環境学習・市民参加まちづくりのコーディネートや研修会の企画運営などを行っている。2006年より同志社大学大学院総合政策科学研究科でソーシャル・イノベーション研究コースを担当。
weblog http://www.colorsjapan.com/blog/
twitter http://twitter.com/colorsjapan

■ファシリテーター
○川中大輔(シチズンシップ共育企画代表)
*******************************************************
 1980年兵庫生まれ。98年から青少年支援の市民活動を始め、教育・環境・まちづくり・市民活動支援の活動に参加。03年に「市民としての意識と行動力」を育む学びの場をつくるシチズンシップ共育企画を設立。(財)大学コンソーシアム京都などでの勤務を経て、07年に独立。「学ぶこと」と「社会にかかわること」のおもしろさがわかる「学びのデザイン」について関心を寄せ、ファシリテーターとして活動している。全国各地でNPOマネジメント研修や、市民教育やまちづくりのワークショップ、行政職員研修等を担当(現在、年間80本程度)。
weblog http://d.hatena.ne.jp/kwnk1123/
twitter http://twitter.com/kwnk1123

○鈴木陵(シチズンシップ共育企画事務局次長)
*******************************************************
 1987年京都生まれ。関西学院大学総合政策学部卒。高校時代に読んだ本がきっかけで国際協力分野に興味を持ち、大学入学と同時に国際交流・国際協力支援団体CLUB GEORDIEに所属、2008年度には事務局長を務める。開発教育などの参加型の学びの場との出会いをきっかけに、ワークショップなどの場づくりに関心を寄せている。シチズンシップ共育企画事業コーディネーターを経て、現在は事務局次長・ファシリテーター。自らもファシリテーターとしての「あり方」と「やり方」を磨くべく修行中。
weblog http://12768.blog17.fc2.com/
twitter http://twitter.com/ryosuzukipc


■主催:シチズンシップ共育企画
http://homepage2.nifty.com/citizenship/
■共催;環境共育事務所カラーズ
http://www.colorsjapan.com/


■お申込&問合せ先
 お申込の方は、下記フォームにご記入の上、事務局へお送りください。
 申込先メールアドレス  info.pocco@gmail.com
 *シチズンシップ共育企画(担当:鈴木)*

※申込メールの件名には「働くWS申込」+お名前を入力してください
※講座の内容についての問い合わせなどもお気軽にお尋ねください。
-------------------------------------------------------------
■申し込みフォーム
※メール件名=働くWS申込(お名前○○○○○)
※送信先= info.pocco@gmail.com

参加する回に○印をつけてください。
( )#1「ところで、『働く』って、どういうことですか?」
( )#2「わたしにとって、『働く』って、どういうことだろう?」

○お名前(ふりがな):
○電話番号(緊急用なのでできれば携帯):
○年齢:
○性別:
○メールアドレス:
○普段のお仕事や活動:
○今回のワークショップに期待していること:
○この研修を何を通してお知りになりましたか?:
(例:××さんの紹介など)
-------------------------------------------------------------

<個人情報の取扱い>
 記載の個人情報は本セミナーの実施および今後の催事実施において、
 シチズンシップ共育企画が利用します。
 個人情報は目的の範囲内で利用するとともに
 適切な方法で管理し、法令上の特段の事情がない限り、
 本人の同意なしに第三者への目的外での開示・提供はいたしません。


☆ 現在、募集中です! ☆
(1)教育ファシリテーター講座2010(ベーシック編)
「問いかけ」をデザインする!(6/5-6)
http://d.hatena.ne.jp/kwnk1123/20100420/1271773926
*アドバンスド編「『あり方』を見つめなおす!」は8/7-9に実施。

(2)シチズンシップ共育企画「6ヶ月インターン生」
*来たれ、「市民になるための学び」をつくりたい人。*
http://d.hatena.ne.jp/kwnk1123/20100521/1274434167

公害地域の今を伝えるスタディツアー2010 参加者募集 (西村登場)

西村です。
かつて公害に苦しんだ地域が、現在はどのようになっているか知っていますか?持続可能な地域づくりに向けて、住民・行政・企業がパートナーシップを結び、活動している地域があります。しかし、それらの情報は一般的にあまり知られていませ2010ん。
こうした背景から、昨年から大阪の「あおぞら財団(財団法人公害地域再生センター)」の主催で、関係者の方々ともども「公害地域の今を伝えるスタディツアー」を企画・運営しています。(地球環境基金の助成を得ています)

この「公害地域の今を伝えるスタディツアー」は、再生はどこまで進んでいるのか、残された課題は何か、現地で確かめる試みです。現地の見学やヒアリングから得た知識は、ワークショップを通じ参加型で学びます。そして、参加者は現地で学んだことを、次は発信者として、伝えていくことを目指しています。
昨年はイタイイタイ病の被害地、富山で行いました。報告書の作成やWEBサイトも整備しています。
http://www.studytour.jpn.org/

以下は今年度の案内です。
今日から広報をスタートします。定員には限りがあり先着順で受付しますので、お早めのお申し込みをお勧めします。

*************************************
公害地域の今を伝える
スタディツアー2010
〜新潟・水俣病の地を訪ねて〜
参加者募集
*************************************
ちらしはこちら
http://www.aozora.jpn.org/pdf/10studytour.pdf

■現在、マスメディアを騒がしている「水俣病」問題について、
 過去の歴史、現在の成果、残された課題を現地で読み解いて見ませんか。
■見学やヒアリングから得た知識をワークショップを通じて参加型で学びます。
■スタディツアーの前には事前勉強会を用意しています。
■参加者は現地で学んだことを、次は発信者として、伝えていくことを目指します。

【日程】
●スタディツアー  2010年8月5日(木)・6日(金)・7日(土)・8日(日)の4日間


●事前勉強会 講師 関礼子氏(立教大学社会学部現代文化学科教授)  
       7月11日(日)都留文科大学
       7月18日(日)あおぞら財団
       ※いずれかの会場でご参加ください

【定員】40名
【参加費】10,000円(食費相当分の負担をお願います)
【対象者】公害・環境問題に関心をもち、
     持続可能な地域づくりに取り組む意欲のある人
     参加記録の執筆をしてもらいます。
     それらの情報を元に新しい公害教育の教材および冊子を作成します。
【主催】あおぞら財団(財団法人公害地域再生センター)

【スタディツアーでのおもな訪問・ヒアリング先】(予定)
●訪問先=環境と人間のふれあい館—新潟水俣病資料館—、昭和電工跡地、漁村など
●ヒアリング先=被害者、活動支援者、医師・弁護士関係者、行政など
【集合】
1.現地集合
2.関西(大阪駅、京都駅)
3.関東(未定 候補先:都留文科大学)
にて集合後、バスで現地へ移動。

【申込み方法・締め切り】
・氏名、連絡先(住所・電話番号・メールアドレス)、所属を記入の上、
 あおぞら財団に連絡をお願いします。
・締め切り=定員になり次第しめきります

【協力専門家・スタッフ】(五十音順)
板倉豊・京都精華大学教授
井上有一・京都精華大学教授
大滝あや・Tao舎代表
小田康徳・大阪電気通信大学、西淀川・公害と環境資料館館長
高田研・都留文科大学教授、あおぞら財団理事
西村仁志・同志社大学准教授
あおぞら財団事務局(林、藤江、鎗山)

【連絡・問い合わせ先】
〒555-0013大阪市西淀川区千舟1-1-1あおぞらビル4F
あおぞら財団(財団法人公害地域再生センター)
TEL:06-6475-8885 FAX:06-6478-5885  
http://www.aozora.or.jp/ webmaster@aozora.or.jp
※本事業は(独法)環境再生保全機構地球環境基金助成事業の一環です。
※いただいた個人情報は本事業の目的以外には使用しません。

=======以下、申込事項=======
公害地域のいまを伝えるスタディツアー2010
〜新潟・水俣病の地を訪ねて〜

氏名

住所 〒

電話番号

緊急時/帰省先等

メールアドレス

所属  

参加動機、問題意識など

その他、要望、ご質問など

======================