2008年08月 アーカイブ

2008年08月20日

「くりこま復興支援ツアー」

★★震災エコツアー第2弾「くりこま復興支援ツアー」★★
震災エコツアー第2弾「くりこま復興支援ツアー」を実施します!


8月23日(土)〜24日(日)の1泊2日です。

くりこま高原自然学校の佐々木さんの案内と被災した耕英地区の菅原耕一さんとの交流や語らいを軸にしたエコツアーです。復興のための新しいアイディアも出し合えればと思います。

【日時】8月23日(土)〜24日(日)1泊2日

【場所】宮城県栗原市

【集合】東北新幹線くりこま高原駅10時45分集合

【定員】15名 2時間程度の徒歩が出来る方(小学生以上)

【費用】12,000円(新幹線交通費別、宿泊費無料、食材費込み、懇親会費別)

【お申込み】下記電話、ファックスでお名前、メールアドレス、住所、ご連絡先電話番号を日本エコツーリズムセンター事務局にお知らせください。

【お問い合わせ】日本エコツーリズムセンター
TEL:03-3954-2239 Fax:03-3954-2203

2008年08月18日

シンポジウム「社会はあなたにも変えられる」

平成20年度文部科学省「社会人の学び直しニーズ対応教育推進事業」

ソーシャル・イノベーション型再チャレンジ支援教育プログラム

プレ・シンポジウム「社会はあなたにも変えられる」


 同志社大学大学院総合政策科学研究科では、積極的に社会的課題にチャレンジしたい社会人を対象に、就職以外に社会起業というオプションを提示し、 様々な分野での事業活動を後押しする新しい教育プログラム「ソーシャル・イノベーション型再チャレンジ支援教育プログラム」を昨年度より開講しております。9月の開講に先立って標記の「プレ・シンポジウム」を開催いたします。


「ソーシャル・イノベーション型再チャレンジ支援教育プログラム」の詳細は

http://sosei-si.doshisha.ac.jp/manabi/2008/


平成20年8月31日(日)15:00〜18:00

同志社大学 室町キャンパス 寒梅館211教室

参加無料(事前申込不要・どなたでも来聴歓迎)


内容:

講演「社会はあなたにも変えられる〜子育て分野での実践〜」

     濱砂 圭子(株式会社フラウ 代表取締役)


濱砂 圭子さんプロフィール

1993年福岡で初めての地域密着型子育て応援情報誌「子づれ DE CHA・ CHA・ CHA!」を発刊。コミュニティビジネスの草分けともいえる事業を展開し、 2000年には主婦生活総研を、2001年にはNPO法人男女・子育て環境改善研究所を設立。また、2003年には、NPO法人NPOふくおか理事長に就任 。 生活者の視点に裏打ちされた「常に5年先を行く」提案を行うと共に、教育、環境、医療、女性起業家など様々な異分野ネットワークを構築し、全国でコミュニティビジネス、起業家支援、地域づくり、男女共同参画、育児支援などの講演を行っている。また、全国の地域密着型子育て情報誌編集者マミサミ・ネットワークで12年間、「子育て環境改善」を全国に提唱している。


パネルディスカッション「社会起業で輝く〜人と組織の新しい生き方を探る」

パネラー:濱砂 圭子(株式会社フラウ 代表取締役)

     深尾 昌峰(NPO法人きょうとNPOセンター 事務局長)

     小野 千佐子(平成19年度卒業生:ティプアプロジェクト代表)

     西村 仁志(同志社大学大学院総合政策科学研究科准教授・環境共育事務所カラーズ)

コーディネーター:今里 滋(同志社大学大学院総合政策科学研究科 教授)


お問い合わせ

同志社大学大学院総合政策科学研究科事務室

〒602-8580 京都市上京区今出川通烏丸東入 TEL:075-251-3860 FAX:075-251-3094

E-mail:si-manab@mail.doshisha.ac.jp

2008年08月05日

『日本型環境教育の知恵』いよいよ発刊です!

jeef20_chie2.jpg

このファイルをPDFでダウンロードする。

2008年08月03日

転載:朝日新聞「耕英地区への仮設道路開通 岩手・宮城地震、被災の栗原」

耕英地区への仮設道路開通 岩手・宮城地震、被災の栗原

 岩手・宮城内陸地震による土砂崩れで通行止めになっていた宮城県栗原市の市道に仮設道路が完成し、3日から通行許可を得た自家用車の通行が可能になった。国道457号から耕英地区に通じる市道は、地震後、工事関係の車両しか通れず、耕英地区の住民は一時帰宅の際もヘリコプターを使うしかなかった。

 この日は、仮設道路を使って耕英地区の79人がマイカーを取りに帰宅。「自分たちの巣である耕英に帰るための第一歩」と開通を喜んだ鈴木共明さん(84)は、ヘリでこれまで4回家に戻ったが、家にいられるのは2時間程度だったという。