2008年01月31日

「体験活動コアリーダーの育成フォーラム」


 地域には、様々な分野で活躍をされている体験活動の指導者がいらっしゃいます。その様な指導者と連携し、プログラムを開発し事業を展開していくことは、子どもたちにとって広い視野での興味関心を持つ体験活動の場を広げていくことにつながると思っております。

 その様な地域における指導者とのコーディネーター役をしていく方を、コアリーダーと呼んでいます。

 今回お誘いするフォーラムでは、指導者としてのスキルアップはもちろんのこと、よりよい事業運営をしていくためには、どのような事が課題であり、今後どのような取り組みが必要かと言うことについて、お互いの情報を交換しあい、地域における指導者の育成について、皆さんと一緒に意見交換をすることを目的としています。

 ぜひ、これからの体験活動の指導者として活躍していくみなさんのご参加をお待ちしております。

  

<実施要項>

1.主 催/財団法人青少年野外教育財団

2.日 時/平成20年2月2日(土) 13:00〜17:00

3.会 場/福岡県立社会教育総合センター(糟屋郡篠栗町大字金出3350−2)

4.参加費/無料

5.対 象/体験活動に興味関心ある方

6.定 員/50名(定員になり次第締切とさせていただきます)

7.内 容/

  13:00〜      受付

  13:15〜      開式

  13:30〜14:15 講演「コアリーダーに期待される新たな役割」

              講 師:山中 和之氏(文部科学省スポーツ・青少年局青少年課

                               青少年体験活動推進専門官)

  14:15〜15:00 事例発表「コアリーダーの取組」

              発表者:浜本 奈鼓氏(NPO法人くすの木自然館専務理事)

                  中根  忍氏(やんばるエコツーリズム研究所代表)

  15:00〜15:15 休憩

  15:15〜16:45 シンポジウム「今後期待されるコアリーダーの課題と展望」

              コーディネーター

                  小林  毅氏(岐阜県立森林文化アカデミー教授)

   ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? コメンテーター

? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? 西村 仁志氏(同志社大学大学院准教授)

   ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? パネリスト

                  大西 清文氏(九州ぼうけん王代表)

                  望月 克哉氏(なみの高原やすらぎ交流館館長)

                  調  浄信氏(児童養護施設「洗心寮」児童指導員)

                  田上 一幸氏(なみの高原やすらぎ交流館研修生)

  16:45〜      閉式


8.その他/参加者には、当財団が文部科学省から委託を受け作成いたしました、子どもの疑問や

      質問に答える「世界の子どもなぜなぜトランプ」を差し上げます。



<お問い合せ・お申し込み先>


 下記事務局まで、お願いいたします。お申し込みのさいは、参加者氏名(複数で参加する場

合は、参加する全てのお名前)、所属、連絡先を、お知らせ下さい。


 財団法人青少年野外教育財団・福岡事務所(担当:川端)

      〒811−2405 福岡県糟屋郡篠栗町篠栗4875

      TEL 092−948−2342  FAX 092−948−2343

      メール fukuoka@yagai.or.jp

投稿者 nishimura : 2008年01月31日 08:54 | トラックバック (0)