2007年12月 アーカイブ

2007年12月25日

『森林環境教育を学ぶ』大阪開催

ニッセイ緑の環境講座

『森林環境教育を学ぶ』大阪開催募集開始!

http://www.jeef.or.jp/nissay/index.html

────────────────────────────────

財団法人ニッセイ緑の財団と社団法人日本環境教育フォーラムが共催で

毎年東京で開催している「ニッセイ緑の環境講座」。今年度は大阪でも

開催することになりました。

テーマは「森林環境教育を学ぶ」。森林環境教育の入門的な講座として

「森林環境教育」がどのような教育か、その成り立ちなどの概論から、

学校での森林環境教育の取組みなどについて学びます。

……………………………………………………………………………………

【日 程】2008年1月30日(水)

【講 師】山下宏文 氏

     京都教育大学 教授

【時 間】18:00〜19:30

【会 場】堂島アバンザ 5階A会議室

     大阪市北区堂島1-6-20

【定 員】各回50名

【参加費】無料

【申 込】http://www.jeef.or.jp/nissay/


※東京でも同様のテーマで3回の連続講座を実施します。

詳しくは、ウェブサイトをご覧下さい。

……………………………………………………………………………………


■お問い合わせ

社団法人日本環境教育フォーラム

ニッセイ緑の環境講座 係(担当 杉山)

TEL. 03-3350-6770 FAX.03-3350-7818

E-mail. nissay@jeef.or.jp

    (スパムメール防止のため@を@に置き換えています)?

投稿者 nishimura : 12:53

2007年12月19日

第5回企業人のための自然体験型環境教育セミナー

?〜これからの企業に求められるのは  自然環境の意味と、環境教育の意味を理解する人材です〜?
(お気軽にお問い合わせ下さい TEL0551-48-3795 鳥屋尾(とやお))?

◆開催主旨
?キープ協会は、1985年から自然体験型の環境教育を実施していますが 2005年度から、社員教育、CSR、社員ボランティアを担当されている皆様を 対象に、「企業人のための自然体験型環境教育セミナー」を実施しています。 社員教育や環境教育に取り組まれている皆様、 新しい環境教育手法の開発に興味をお持ちの皆様に、 ぜひこのセミナーにご参加いただき、教育プログラムの開発、教育実践に 活用していだきますようお願い申し上げます。?

◆こんな方にオススメです!?
・CSRご担当の方 ・社会貢献ご担当の方 ・社員ボランティアご担当の方 ・社員教育ご担当の方 ・上記のことに関心を持つ方?

◆プログラムの概要
?1泊2日のプログラムです。 1日目は、キープ協会の自然環境教育プログラムの体験。 自然体験・環境教育の意味についての小講義、参加者全員による交流会。 2日目は、『デジカメ・スライドショー作り』という 楽しい創作プログラムをご体験いただく予定です。 講師や参加者相互のディスカッションの時間も持ちます。?

◆スタッフ紹介
?講師:川嶋 直  財団法人キープ協会常務理事  ファシリテーター:鳥屋尾 健  財団法人キープ協会環境教育事業部 ?

◆参加者の皆さんからの声
?ホームページ上にこれまでの参加者の皆さんの声をご紹介しています。?

◆開催概要
?・日 程:2008年1月18日(金)〜19日(土)  [1泊2日]
?・主 催:財団法人キープ協会
?・開催地:山梨県清里高原 財団法人キープ協会?
・宿 泊:清泉寮      ご宿泊は2名一室の相部屋となります      +2,000円で個室対応も可能です。 ・対 象:企業人の方、本プログラムに関心をお持ちの方 ・定 員:25名?
・参加費:21,000円(税込/1泊3食)      参加期間中の全ての経費を含み、全日程参加が基本です?

◆お申込み方法
?ハガキ、FAX、E-mail、専用フォームのいずれかで 以下の項目をご記入の後、ご送付下さい 1.「第5回企業人のための自然体験型環境教育セミナー」参加希望 2.お名前(ふりがな) 3.郵便番号・住所 4.電話番号 5.職業(学校名) 6.年齢 7.性別 8.参加の動機 9.何のメディアを通じてキャンプを知ったのか 10.E-mailアドレス?

◆お申込み
・お問合せ先 財団法人キープ協会 キープ・フォレスターズ・スクール?
〒407-0311 山梨県北杜市高根町清里3545 担当:鳥屋尾(とやお)?
TEL:0551-48-3795 FAX:0551-48-2990 forester@keep.or.jp http://www.keep.or.jp/FORESTERS/?
★お申込みをお受けした方には1週間以内に受理通知をお送りします。

2007年12月02日

青少年自立支援者のための研究協議会

*西村仁志が実行委員としてかかわっています。3日目の全体会の進行を行います。


「〜体験から学び主体的に人生を生きることをめざす支援〜」をテーマに,「青少年自立支援者のための研究協議会」を,平成20年2月22(金)〜24日(日)の2泊3日,群馬県富士見村の国立赤城青少年交流の家にて開催します。


当日は,生活体験・自然体験等をとおして,青少年の自立に取り組んでいる支援者及び自立支援に関心を有する人々を対象に,先進的な事例紹介及び協議,支援者としてのスキルアップ研修,課題解決に結びつく情報の提供等により,自立支援者の資質向上と支援者同士の交流を図ります。


青少年の自立支援者及び自立支援に関心のある社会人・学生・高校生など,幅広い参加者を募集します。


※お申込方法・詳細は,国立赤城青少年交流の家ホームページの企画事業ページ

「青少年自立支援者のための研究協議会」開催要項をご覧ください。

 http://akagi.niye.go.jp/


◆内容

<2月22日(金)>

●オープニングトーク:

難波克己氏(玉川大学学術研究所准教授・心の教育実践センター主任代理)

<2月23日(土)>

●基調講演:「アドベンチャーのなかで,その時その人は」

辰野 勇氏(株式会社モンベル代表取締役社長)

片山右京氏(元F1ドライバー,登山家,チーム右京代表)

榊原典俊氏(社会福祉法人青葉仁会理事長)

●分科会1

?自閉症疑似体験,だからこその支援:

荻野ます美氏(NPO法人ゆう副理事長)

穴澤剛行氏(ふるさと自然塾代表)


?「不登校」や「ひきこもり」状態を考える:

神澤創氏(帝塚山大学心理福祉学部教授)

鈴木基司氏(小児科医 みどりクリニック院長)


?反社会的行為の現状を分析し,行為に及ばせない支援の方法を考える:

辻村徳治氏(神戸家庭裁判所主任家庭裁判所調査官)

佐々木豊志氏(くりこま高原自然学校代表)


?発達的視点からみた自立とは:

三谷嘉明氏(名古屋女子大学家政学部教授)

榊原典俊氏(社会福祉法人青葉仁会理事長)


?支援をする自然体験施設の運営を考える:

黛徳男氏(アドベンチャー集団DO!代表)

中谷徳明氏(あおはに自然学校職員)

塚原俊也氏(くりこま高原自然学校職員)

●分科会2

?馬の学校とイルカ介在活動:

峯崎友香理氏(「馬の学校」代表)

宮川治樹氏(帝塚山大学心理福祉学部心理学科准教授)


?なんでもやってみるチャレンジ体験:新堂早代氏(NPO法人BIG TREE代表)

 自然体験活動から学ぶ障害(児)者の支援活動:中谷徳明氏(あおはに自然学校職

員)

 カヌーをつうじて自立への取り組み:木寺乃氏(あおはに自然学校職員)


?心を育む食育の可能性:

黛徳男氏(アドベンチャー集団DO!代表)

木村元思氏((社)葛巻町畜産開発公社くずまき高原牧場)


?アドベンチャー・グループカウンセリン:

難波克己氏(玉川大学学術研究所准教授・心の教育実践センター主任代理)

小西浩嗣氏(帝塚山大学心理福祉学部非常勤講師)


?自然体験活動の効果測定・評価:

降矢英成氏(赤坂溜池クリニック院長)

山下雅彦氏(福山平成大学福祉健康学部健康スポーツ科学科講師)

北川健司氏(NPO法人エヌエスネット理事長)


?自閉症の身体的(感覚)の基礎知識と自閉症児のスノーキャンプ゜:

青木高志氏(鳥取県立米子養護学校高等部教諭)

高橋みかわ氏(「自閉症児のサポートブック」著者)

●ナイトセクション:穴澤剛行氏(ふるさと自然塾代表)

<2月24日(日)>

●全体会:西村仁志氏(同志社大学大学院総合政策科学研究科准教授)

●ふりかえり:佐々木豊志氏(くりこま高原自然学校代表)


◆募集定員:100名(定員になり次第〆切)

◆参加費:

(Aタイプ) 2/22(金)〜2/24(日)2泊3日 参加費5,500円

(Bタイプ) 2/22(金)〜2/23(土)1泊2日 参加費4,550円

(Cタイプ) 2/23(土)〜2/24(日)1泊2日 参加費5,080円

◆申込〆切:平成20年2月4日(月)

◆申込方法:

参加申込書に必要事項をご記入の上,下記の宛先まで郵送かFAX,

またはE-mailに必要事項を送信の上,お申し込みください。

(申込用紙は国立赤城青少年交流の家ホームページの企画事業ページ

「青少年自立支援者のための研究協議会」開催要項から入手できます)

 http://akagi.niye.go.jp/

◆申込・問合せ先◆

国立赤城青少年交流の家「青少年自立支援者のための研究協議会」担当

〒371-0101群馬県勢多郡富士見村赤城山27番地

TEL:(027)289−7224

FAX:(027)−289−7226

e-mail: akagi19kikaku@niye.go.jp

投稿者 nishimura : 23:23