2004年06月11日

映画"Passion of the Christ"

もうそろそろ公開が終わってしまいそうになるので、メル・ギブソン監督「パッション」を見に行きました。
イエス・キリストが十字架につけられる直前の1日を再現した映画ですが、これが客席まで飛沫が飛んできそうなほどリアルに描かれていて、観た直後は食事も喉を通らないです。近くに座っていたお客さんは理由はどうかわかりませんが途中退席していました。「賛否両論」というのもうなずけるなと思います。
「リアルに」とはいっても聖書の世界ですから、本当にあったのかどうかというのはわからないわけですが、メル・ギブソンがイエスの受難の映像化にかけた執念みたいなものはじゅうぶん伝わってきました。
「クリスマスをお祝いしたい人は、これとセットですよ」といわれると、逃げ出す人がいるかもしれません。

投稿者 nishimura : 2004年06月11日 17:52 | トラックバック (0)