2004年04月21日

おそろしい話

 イラクで拘束されておられた人たちが解放され帰国されました。まずはほっと一息ですが、帰国するまでにどれだけイジめられたんやろうと思うほどガックリきておられるのが見ていて可哀想です。「国に迷惑をかけて」みたいなことを政府の人間が言う、あるいは態度で示す。そして読売、産経、日経が社説で書く。おそろしい話です。原因を「3人の無謀な行動」ということにして、おしまいにしようという魂胆が見え見えです。「日本人を誘拐して日本政府に要求をつきつける」という図式はべつにイラクでなくても、どこの国ででも起こりうる話なのに。
 ここ数日出てきた「自己責任」論やら、救出にかかった費用は請求するだとか、民間人は渡航禁止にすべきだとかいう話が出ています。一方で何百億円もかけて自衛隊を派遣して水を配る位の活動しかしていない。東京発の話はほとんど茶番みたいな話です。そのことによって民間人が危険な状況に陥っているのですから、これこそ本末転倒な議論だと思います。
 「言われなくてもやる。言われてもやらない。」のが市民活動の本質です。また「危険であるのは承知のうえで、現場で何が起こっているかを伝える。」というのがジャーナリズムの本質でもあるでしょう。それに対して国が制限をかける、また新聞社までもがそういう論に乗っかる。これこそ危険なことだろうと思います。
 新緑が見事な季節です。まちなかで白いハナミズキの花が咲いているのをみると、ちょうどいまの時期からヨセミテ渓谷で咲き乱れる同種のDOGWOODの花を想っています。ここではほんとはこんな話から始めたいのに、どうしてもいま言っておかなければということを書いてしまいました。

投稿者 nishimura : 2004年04月21日 20:18 | トラックバック (0)