Colors of Nature

くりこま高原自然学校被災情報?

にしむらです。
引き続き続報が入っていますので転送します。
また佐々木豊志さん自身のブログがこちらにあります。
http://blog.canpan.info/master_kkns/

——————————–

皆様

 広瀬 敏通 :発

岩手・宮城内陸地震という官製名称が与えられた今回の震災ですが、

被災の中心部が徐々に明らかになり、まさに耕英地区が震災中心部

となってきたようです。

多くの行方不明者を出している駒の湯や佐々木さんの

くりこま高原自然学校が位置する山間部です。

美しい湿原やブナ林と温泉がつづく、火山性の風光明媚なこの地が

それゆえにこそ、脆い地質を露呈する形で大きな災害を引き起こしました。

陸の孤島となった耕英地区には今日まで30数名の残留者がいましたが、

今日の夕刻、さきほどですが震度6規模の余震の惧れから、

市の強い要請で、ほぼ全員がヘリコプターで下山し、

いま、栗原市の避難所に集まっています。

山上の耕英地区に残っているのは家畜や畑の世話をするために

数名程度の住民が残った模様です。

佐々木さんの奥さんの実家がこの市内にあるので、

そこで今、スタッフ全員の緊急ミーティングを行っているところです。

今後の復興に向けた青写真はまだ描けていません。

自然学校では犬は人間とともにヘリで降りましたが、

まだ鶏などの家畜の世話があり、同様のほかの住民とともに

2〜3日置きに当面、ヘリで耕英地区に通うことになるそうです。

まだ事態は流動的で、佐々木さんご自身も明日どうなるのかが

つかめない状況です。

壊れた施設、活動休止せざるを得ない自然学校、残されたスタッフたち、

膨大な復興作業。私たちの支援はますます必要となっています。

市内に下りたことで、佐々木さんの携帯とPCは使える状況になりますが、

この日報メールは当分続けることで佐々木さんと話し合っています。

したがって、くりこま高原自然学校の状況報告はこの日報で

ご覧ください。