Colors of Nature

オヤジ大学院生として学ぶ(4)

またまた社会人大学院生の話の続き。 社会人大学院生として博士前期課程の2年間、またその後5年間教員としてもお世話になる今里 滋先生には2004年4月の大学院入学式の後の新入生歓迎会で初めてお目にかかりました。前年度200…

オヤジ大学院生として学ぶ(3)

2004年当時の同志社大大学大学院総合政策科学研究科は、学部をもたない独立大学院でした。(現在は、後からできた学部「政策学部」と組織統合をして、政策学部と大学院総合政策科学研究科は一体となっています。とはいえ、いまでも独…

オヤジ大学院生として学ぶ(2)

なぜ40歳になってから大学院に行ったのか。 (ちなみにいま48歳ですが) 「環境共育事務所カラーズ」の自営の仕事で駆け抜けてきた30代でした。 90年代前半から、21世紀への変わり目も体験しました。 10年周期で、節目を…

オヤジ大学院生として学ぶ(1)

1986年に大学(同志社大学経済学部)を卒業しましたが、はっきりいって単位を揃えて出ただけでした。大学よりもYMCAの活動に没頭していたし、経済学よりも面白いことがいっぱいあったし。 大学院なんて考えもしなかったし、もち…

広島修道大学人間環境学部へ

ご縁をいただいて、西村仁志は4月より広島修道大学人間環境学部に教員として着任することになりました。西村研究室は広島修道大学西村研究室として、開設の運びとなります。 環境共育事務所カラーズは個人事業ですので、京都および広島…

歌野敬さん「週間脱原発関連情報」

長崎・上五島在住の歌野敬さんからの「週間脱原発関連情報」の続きをアップします。 — 歌野父です。 添付のPDFをご覧ください。こんなものを始めてみました。 意図はネット情報とマスメディア情報の落差を埋めるため…