オヤジ大学院生として学ぶ(7)

社会人大学院生の話の続き というわけで「自然学校の発展と課題」という修士論文を書いたわけですが 社会人院生が「論文を書く」ということは、いまさらにして思いますが大変なことなんだなあと思います。 仕事をしながらなので、論文[…]

もっと読む

オヤジ大学院生として学ぶ(6)

今里先生の「ソーシャル・イノベーション研究コース」の「魅力ある大学院イニシアティブ」応募の話は、ちらっと聞いていたかもしれませんでしたが、まさか後々に自分に関わってくる話とは考えも及ばすでした。一大学院生としては自分の目[…]

もっと読む

オヤジ大学院生として学ぶ(5)

院生生活の2年目のことです。今里ゼミも若い院生+おじさん、おばさんで和気藹々楽しくゼミでの発表、議論、飲み会等やっておりました。 大学近くの小さな町家をシェアハウスとしている院生がいて、そこに今里先生が一室を借りられたこ[…]

もっと読む

オヤジ大学院生として学ぶ(3)

2004年当時の同志社大大学大学院総合政策科学研究科は、学部をもたない独立大学院でした。(現在は、後からできた学部「政策学部」と組織統合をして、政策学部と大学院総合政策科学研究科は一体となっています。とはいえ、いまでも独[…]

もっと読む